Kinopharma

サイトマップ

基盤技術

多様な領域への創薬活動

ウイルス疾患・中枢神経系疾患・悪性腫瘍など、多様な疾患領域へ継続的な医薬品候補化合物の創出を可能にする創薬プラットフォーム

臨床ニーズ

臨床現場・先端医学研究に密接して研究開発体制を整えていることにより、新規キナーゼ標的への研究成果を、臨床ニーズの高い適応に的確に結びつける仕組み

独自キナーゼ阻害剤パネル

病態に関わるキナーゼ標的に対して独自に見出した基本骨格から構築したフォーカストケミカルライブラリーに基づいた、常に新たなパイプラインの創出を目指せるシステム

低分子化合物にフォーカス

患者様の負担・医薬品開発投下資金の低減を可能とする、低分子化合物の基本骨格・合成工程へのこだわり

独自評価能力

標的キナーゼに対する化合物を的確にスクリーニング・評価する独自技術と高度な研究能力を有する研究者チームを保有

パテント戦略

新たな創薬コンセプトへのFirst Moverとしての地位を確保するため、日本トップクラスの弁理士事務所との連携により、強力な特許ポートフォリオを形成
  • キナーゼとは
  • パイプライン
  • ウイルス性疾患治療薬
  • 中枢神経系疾患治療薬
  • 探索研究
  • 基盤技術
  • Collaboration

About usサイトマップ