Kinopharma

サイトマップ

ウイルス性疾患治療薬

私たちキノファーマは、理想的なウイルス性疾患治療薬の創生を目指しています。

ウイルスとは?

 タンパク質の殻とその内部に入っている核酸(遺伝情報物質)からなる、非常にシンプルな微小構造体で、他の生物(宿主)に感染し、それらの増殖機構を狡猾に利用することにより増殖します。ウイルスが感染した宿主細胞は細胞死に至り様々な病気を惹き起こします。  

キノファーマが目指すウイルス性疾患治療薬

我々はウイルスが感染したときに利用している宿主キナーゼを標的として治療薬の開発を進めています。宿主を標的とすることにより、以下の事が期待できます。

1)幅広いウイルスへ効果を示す


2)薬剤耐性ウイルスは理論上出現しない
3)従来の薬剤耐性ウイルスも抗ウイルス効果を示す


現在の開発状況

<DNAウイルス性疾患治療薬の開発>
1)ヘルペスウイルス、帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルス、アデノウイルス、パピローマウイルスなどに対し、幅広い抗ウイルススペクトラムを有する化合物の開発に成功
2)開発化合物が、アシクロビル耐性単純ヘルペスウイルスに対し増殖抑制効果を示すことを確認済
3)皮膚感染動物モデルに対しても有意な治療効果を示すことを確認済
4)B型肝炎ウイルスに対する薬効も確認
5)現在、HPV性疣贅に対するP1/2治験を実施中
<RNAウイルス性疾患治療薬の開発>
1)C型肝炎ウイルス、インフルエンザウイルス、デング熱、黄熱病などに効果を有する化合物の開発に成功
2)現在、構造最適化を実施中

参考文献

Tanaka T, Okuyama-Dobashi K, Murakami S, Chen W, Okamoto T, Ueda K, Hosoya T, Matsuura Y, Ryo A, Tanaka Y, Hagiwara M, Moriishi K. (2016) Inhibitory effect of CDK9 inhibitor FIT-039 on hepatitis B virus propagation.
Antiviral Res.doi: 10.1016/j.antiviral.2016.08.008.

Yamamoto M, Onogi H, Kii I, Yoshida S, Iida K, Sakai H, Abe M, Tsubota T, Ito N, Hosoya T, and Hagiwara M. (2014) CDK9 inhibitor FIT-039 prevents replication of multiple DNA viruses.
J Clin Invest. 124(8):3479-3488.

Kusano-Kitazume A, Sakamoto N, Okuno Y, Sekine-Osajima Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Kiyohashi K, Nitta S, Murakawa M, Azuma S, Nishimura-Sakurai Y, Hagiwara M, Watanabe M. (2012) Identification of novel N-(morpholine-4-carbonyloxy) amidine compounds as potent inhibitors against hepatitis C virus replication.
Antimicrob Agents Chemother. 56(3):1315-23.

Anwar A, Hosoya T, Leong KM, Onogi H, Okuno Y, Hiramatsu T, Koyama H, Suzuki M, Hagiwara M, Garcia-Blanco MA. (2011) The kinase inhibitor SFV785 dislocates dengue virus envelope protein from the replication complex and blocks virus assembly.
PLoS One. 6(8):e23246.

Karakama, Y., Sakamoto, N., Itsui, Y., Nakagawa, M., Tasaka-Fujita, M., Nishimura-Sakurai, Y., Kakinuma, S., Oooka, M., Azuma, S., Tsuchiya, K., et al. (2010).
Inhibition of hepatitis C virus replication by a specific inhibitor of serine-arginine-rich protein kinase.
Antimicrob Agents Chemother 54, 3179-3186.

Fukuhara T, Hosoya T, Shimizu S, Sumi K, Oshiro T, Yoshinaka Y, Suzuki M, Yamamoto N, Herzenberg LA, Herzenberg LA, Hagiwara M. (2006) Utilization of host SR protein kinases and RNA-splicing machinery during viral replication.
Proc Natl Acad Sci U S A. Jul 25;103(30):11329-33.
  • キナーゼとは
  • パイプライン
  • ウイルス性疾患治療薬
  • 中枢神経系疾患治療薬
  • 探索研究
  • 基盤技術
  • Collaboration

About usサイトマップ