Kinopharma

サイトマップ

ウイルス性疾患治療薬

私たちキノファーマは、理想的なウイルス性疾患治療薬の創生を目指しています。

ウイルスとは?

 タンパク質の殻とその内部に入っている核酸(遺伝情報物質)からなる、非常にシンプルな微小構造体で、他の生物(宿主)に感染し、それらの増殖機構を狡猾に利用することにより増殖します。ウイルスが感染した宿主細胞は細胞死に至り様々な病気を惹き起こします。  

キノファーマが目指すウイルス性疾患治療薬

我々はウイルスが感染したときに利用している宿主キナーゼを標的として治療薬の開発を進めています。宿主を標的とすることにより、以下の事が期待できます。

1)幅広いウイルスへ効果を示す


2)薬剤耐性ウイルスは理論上出現しない
3)従来の薬剤耐性ウイルスも抗ウイルス効果を示す


現在の開発状況

<DNAウイルス性疾患治療薬の開発>
1)ヘルペスウイルス、帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルス、アデノウイルス、パピローマウイルスなどに対し、幅広い抗ウイルススペクトラムを有する化合物の開発に成功
2)開発化合物が、アシクロビル耐性単純ヘルペスウイルスに対し増殖抑制効果を示すことを確認済
3)皮膚感染動物モデルに対しても有意な治療効果を示すことを確認済
4)B型肝炎ウイルスに対する薬効も確認
5)現在、HPV性疣贅に対するP1/2治験を実施中
<RNAウイルス性疾患治療薬の開発>
1)C型肝炎ウイルス、インフルエンザウイルス、デング熱、黄熱病などに効果を有する化合物の開発に成功
2)現在、構造最適化を実施中

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)とキノファーマの取り組み

ウイルス性のイボはウイルス性疣贅(ゆうぜい)ともいわれ、その原因となるのは、DNAウイルスの一種であるヒトパピローマウイルス(HPV)といわれるウイルスです。これは150種類以上あり、種類によって症状が異なります。HPVの感染はイボを作るだけではなく、ある種類のHPVが感染すると子宮頸がんという恐ろしい病気になることもあります。


ウイルスの感染は、皮膚に微小なキズがあったときHPVが体内に侵入して皮膚の角化細胞に感染を生じます。HPVに感染した角化細胞は分裂速度が速まるため、その部分の表皮が肥厚してイボになります。よく手や足、顔にできるイボは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)といわれ、ヒトパピローマウイルス2型・27型・57型の感染により発症します。このイボは子供にできやすく、放っておくとどんどん増えてしまいます。


尋常性疣贅の治療には、未だに特効薬や特効的治療法はありません。イボの種類や発生部位などの違いによって、液体窒素を用いた冷凍凝固療法や電気焼灼法などの外用療法などがおこなわれていますが、痛みなどの苦痛を伴うことがあり、また、1回の治療で治すことは難しく何回か治療を繰り返すことが普通です。イボについてのさらに詳しい情報は、日本皮膚科学会のホームページを参照してください。


ウイルスには、インフルエンザやC型肝炎ウイルスに代表されるRNAウイルスとHPVやB形肝炎ウイルスに代表されるDNAウイルスに大別されます。キノファーマではこのHPVやB型肝炎などのDNAウイルスの増殖を抑える薬の開発をしています。この薬は、DNAウイルスの増殖に必要なRNAポリメラーゼ2という酵素の働きを抑え、DNAウイルスの増殖を抑えるというものです。現在、キノファーマと京都大学と共同で尋常性疣贅の治療薬の開発を進めており、京都大学と京都医療センターで治験(治療薬を開発するための臨床試験)が進行中であり、キノファーマはその治験を全面的にサポートしています。

さらに、HPVの感染により引き起こされる子宮頸がんの予防を目的とした治験の準備を行っており、この治験は京都大学を中心に2019年より開始される予定です。

参考文献

Tanaka T, Okuyama-Dobashi K, Murakami S, Chen W, Okamoto T, Ueda K, Hosoya T, Matsuura Y, Ryo A, Tanaka Y, Hagiwara M, Moriishi K. (2016) Inhibitory effect of CDK9 inhibitor FIT-039 on hepatitis B virus propagation.
Antiviral Res.doi: 10.1016/j.antiviral.2016.08.008.

Yamamoto M, Onogi H, Kii I, Yoshida S, Iida K, Sakai H, Abe M, Tsubota T, Ito N, Hosoya T, and Hagiwara M. (2014) CDK9 inhibitor FIT-039 prevents replication of multiple DNA viruses.
J Clin Invest. 124(8):3479-3488.

Kusano-Kitazume A, Sakamoto N, Okuno Y, Sekine-Osajima Y, Nakagawa M, Kakinuma S, Kiyohashi K, Nitta S, Murakawa M, Azuma S, Nishimura-Sakurai Y, Hagiwara M, Watanabe M. (2012) Identification of novel N-(morpholine-4-carbonyloxy) amidine compounds as potent inhibitors against hepatitis C virus replication.
Antimicrob Agents Chemother. 56(3):1315-23.

Anwar A, Hosoya T, Leong KM, Onogi H, Okuno Y, Hiramatsu T, Koyama H, Suzuki M, Hagiwara M, Garcia-Blanco MA. (2011) The kinase inhibitor SFV785 dislocates dengue virus envelope protein from the replication complex and blocks virus assembly.
PLoS One. 6(8):e23246.

Karakama, Y., Sakamoto, N., Itsui, Y., Nakagawa, M., Tasaka-Fujita, M., Nishimura-Sakurai, Y., Kakinuma, S., Oooka, M., Azuma, S., Tsuchiya, K., et al. (2010).
Inhibition of hepatitis C virus replication by a specific inhibitor of serine-arginine-rich protein kinase.
Antimicrob Agents Chemother 54, 3179-3186.

Fukuhara T, Hosoya T, Shimizu S, Sumi K, Oshiro T, Yoshinaka Y, Suzuki M, Yamamoto N, Herzenberg LA, Herzenberg LA, Hagiwara M. (2006) Utilization of host SR protein kinases and RNA-splicing machinery during viral replication.
Proc Natl Acad Sci U S A. Jul 25;103(30):11329-33.
  • キナーゼとは
  • パイプライン
  • ウイルス性疾患治療薬
  • 中枢神経系疾患治療薬
  • 探索研究
  • 基盤技術
  • Collaboration

About usサイトマップ